Search
Search Menu

摂食嚥下部会

口から食べる支援

摂食嚥下部会

摂食嚥下部会は、平成13年度より発足し、定期的な研修会を通して、口から食べる支援を多職種と共有し、お互いがスキルアップをし、かつ顔の見えるネットワークを作ることを目的に、活動しています。厚木近隣の摂食嚥下のスキルをもった優れた講師陣を中心に、他の地域からも素晴らしい講師を招いて、特別講演会なども企画しています。あつぎ食支援ネットワークや神奈川摂食嚥下リハビリテーション研究会県央地区研修会などとも共催し、近隣の活動とも連携して活動しています。

活動目的

  1. 医療・福祉従事者において、摂食・嚥下に関する知識・技術とともに治療やケアに対する意識の向上に努める
  2. 厚木医療福祉連絡会におけるチームアプローチの活動推進を図る
  3. 摂食・嚥下障害をもつサービス利用者が、安全においしく食べられるための支援を行う
  4. 一般地域住民に対する摂食・嚥下障害の対応や誤嚥性肺炎に関する予防の啓蒙を図る

[postlist id=”113″]

[postlist id=”111″]

[postlist id=”108″]